不動産

空室対策をバッチリ行う上手な不動産活用~空室ゼロゼロ計画~

家を使った投資

不動産

他人に家を貸す、というシンプルな投資があります。それが不動産投資です。ミドルリスクミドルリターンなので、投資初心者の人でも始めやすいです。サブリースなら空室のリスクもありません。

Read More...

上手に対策する

空室対策は賃貸経営をしていく上で重要です。コチラに役立つ情報や押さえておきたいポイントが載ってるので、オーナー様は必見です。

不動産

土地を持っているなら、土地活用をするべきです。土地活用をすることで、本職とは別に安定した収入を得ることができるため、老後の資金作りになりますし、土地の税金や維持費などの経済的負担を減らすことができます。土地活用として、主流になっているのが、アパート経営やマンション経営です。土地にアパートやマンションなどを建てて、賃貸するという方法です。アパートやマンションを建てるために、ある程度の初期費用はかかりますが、家賃収入を得ることができるので、安定した収入を得ることができます。初心者でも始めやすい土地活用なので、人気を集めている土地活用です。アパート・マンション経営のメリットは、安定した収入を得られることですが、気をつけておくべきことが空室リスクです。入居者がいれば、もちろん安定した収入を得られるのですが、空室が多いと収益は減ってしまいます。そのリスクを考えて、空室対策をする必要があるのです。家を貸す、というシンプルな活用法ですが、しっかりとリスク管理もしなければなりません。

空室対策の方法は様々ありますが、その1つとして保証会社の利用があります。空室になる1つの理由が、敷金や礼金です。多くの人は、家賃を見るだけではなく、敷金礼金を見て、その家に住むかどうかを決めます。敷金礼金がゼロということは、それだけ魅力的な物件になるため、住みたいと希望する人も多くなるのです。敷金礼金がゼロという物件も増えてきていますが、敷金は何のためにあるのかというと、家賃が滞納した時は、原状回復の未払金を備えるための担保のお金です。万が一の時のことを考えて、担保としてお金を支払ってもらうのです。保証会社を利用することで、家賃滞納や修繕費用を保証してもらうことができるので、入居者から敷金を預かる必要が無くなるのです。つまり、敷金ゼロとして入居者を募集することができるということです。敷金をゼロにすれば、入居希望者も増えるため、空室対策となるのです。

リスクを減らす

女性

他人に家を賃貸する場合、家賃滞納のリスクがあります。保証会社を利用すれば、そのリスクは避けることができます。ただ、審査に通らないと家賃回収できないので注意が必要です。

Read More...

活用して現金を得る

女性

土地は持っているなら、土地活用をすることが大切です。持っているだけでは、費用だけを支払い続けることになります。土地売却、駐車場経営、アパート経営など、自分に合った活用を行うことが大切です。

Read More...